「手話を奪われた」は事実ではない

わたしは「手話を奪われた」という主張を聞く度、残念に思います。

インターネット上では本当に誤った話や思い込みだけで書いている話も多くあります。

その際たるものが「日本の公立ろう学校では手話を使っていない」あるいは「日本の公立ろう学校では手話を禁止している」「昔は手話を奪われた」という話です。

私が断言します。

個人の体験で「手話を奪われた」ように思い込んでいるだけで、

”「手話を奪われた」は事実ではありません。”

奪われたのなら、当時に「手話言語禁止」法なるものが存在するはずですが、そのようなものはありませんでした。

詳しくは別投稿で説明しますが、当時の手話を使わない方がよいとする一方的な考え方で教師が体罰を加えたりしたことで、当時は子供だった人が「手話を奪われた」と思い込んでそう主張しているのが実情です。

前回の「認知不協和」から問題を引き起こしてしまっていることもそうですが、難聴や聴覚障害についてとくに手話教育について裏付けをとらず、日本の公立聾学校に関する批判や誤った情報を書いてしまっている人が多いのは残念です。

本来、一番いいのはそのようなサイトの話は裏付けを確認して、ふるいにかけることです。

ところが「弱者」「社会的少数者」という主張に同情心が先走ってしまい、確認を怠り、鵜呑みにしてしまっている例もあります。

わたしの住んでいる市で民主党市議がろう者からの手話言語法制定の陳情を受けて、市議会で「手話を奪われた」かのような内容の意見書を書いて議会に出してしまったことがあります。

その市議の市政報告ビラで知ったのですが、同情心を利用する文章からして、ネット上の話を鵜呑みにしていたことは明らかでした。裏取りもせずパフォーマンスをするんじゃない!と市議に注意しました。

幸いに国政に影響するものではなかったのですが、裏付けもとらないで間違った話を出したら、市議会のレベルは低いということになってしまいます。

市議に請願を出したというろう者と関係者に確認をしたところ、確認をとっていなかったこと、市議達とほとんど話をしていないこともわかりました。

請願した以上、議員に任せっきりにするのではなく、十分に連絡をとり、話をすべきでした。

手話言語法制定はろうあ協会が全国のろう協会で力を入れていますが、手話の普及ありきで、社会的少数者や同情心を利用するやり方を容認してしまえば、反感と不信感から、社会的信用を落とすことになりかねません。

昔は手話を「手まね」と称していたことや、「頑張れば健聴者並に聴き取れるはず」と、無知から偏見を持っている人がいるのは事実ですが、現在は手話に偏見を持っている方がおかしいと言えるレベルです。

以前も書きましたが、皇室では皇后陛下が手話で挨拶をされたり、秋篠宮紀子さまは手話でスピーチをされています。

2014年6月にご薨去(こうきょ)された桂宮宜仁親王さまも病気のため右目の視力の喪失、記憶障害、右半身の麻痺を抱え、車椅子でご公務を行われていました。

皇室にも身体障害をお持ちの方がいらっしゃったことを知らなかった人も多いと思います。ご公務の様子を写した映像はご薨去されるまで、マスコミで大きく報道していません。なぜでしょう?

わたしたちは病気や事故で失聴するだけでなく、ストレスから突発性難聴で失聴したり、聴力が低下する人も珍しくありません。周囲の人に公言しづらい人も多くいます。

今回この話を書くに当たって資料を読み直し、インターネット上の話を調べてみましたが、インターネット上の話は話が伝わっていく過程で尾ひれがついたと思われる、明らかに事実でない話が多くありました。

知っている人が「おかしい」と言わなかった事が現在の難聴・聴覚障害者に対するイメージを作り出し、当事者もわかりやすく伝えるどころか、沈黙してしまっている面があります。

言うべき時に言わず、事実ではない話を鵜呑みにすればどうなるか?

聴覚障害者団体にいた時、交渉でも話が成り立たず、100%実現を目指すあまり、要望懇談会でごねて、空気を悪くするみっともない人達を見ましたが、そんなイメージが大きくなったらどうするのでしょう。

事実、わたしはそのとばっちりをくらった痛い経験があります。

私の難聴メンタルコーチに自己肯定感の低さから来る問題を抱えた方もいらっしゃいますが、こうした話が当事者の自己肯定感をさらに下げている要因の1つにになっていると感じざるを得ません。

解決するための方法を私の体験で書くと、客観的な事実を知ること、そして当事者が社会運動あるいは福祉制度など無料でなんとかしてもらおうと待つより、個人が車やパソコンと同じように、自らわかる人に教えてもらい、主体的に自己肯定感を回復して、コミュニケーション力と適応力を高めていくのが近道です。

 

    The following two tabs change content below.
    難聴・聴覚障害のコミュニケーションと心理状態について、日本でも数少ない当事者の専門家。専門家でも難しい「難聴である自身の自己肯定感の低さ」などメンタル問題を頑張らないで解決できる技法をコーチしています。日本各地からセッションを受けに来る方も多数。手話も学習中。

    コメントは受け付けていません。